筆耕者募集!筆耕会社の求人に応募する方法

筆耕会社に入りたい!筆耕者に登録したい!そう思っている人も多いでしょう。その時、まずやらなくてはいけないのが筆耕会社の求人を見つける事です。これって難しそうで実は簡単です。

 

筆耕者募集!筆耕会社の求人に応募する方法

 

筆耕会社の求人

 

パソコンを持っているならパソコンで、スマホを持っているならスマホで、インターネット上で筆耕会社を調べてみてください。数えきれない程出てきませんか?そう、筆耕会社は無数に存在します。

 

この無数の筆耕会社を見ていると、『筆耕者募集』の文字が目に入ります。多くの筆耕会社で筆耕者を募集しているのです。他にも『賞状作成専門店』『印刷会社』のサイトもチェックしてください。『筆耕者募集』がたくさんあります。

 

筆耕会社の求人を探す際、求人サイトだけを見て「筆耕士の募集なんて無い」と判断されている方がいますが、とんでもないです。筆耕士を必要としている会社はたくさんあります。

 

厳しい条件

 

『筆耕者募集』はたくさんあるのですが、結構厳しい条件を出している会社が多いです。それは、書道経験や筆耕経験などについてです。例えば、とある筆耕会社さんの条件は

 

・東京・千葉・埼玉・神奈川在住
・書道歴20年以上、筆耕経験のある方
・書道の高い技術と筆耕知識を持っている

 

まとめると上記のようになりますが、この会社はかなり厳しく絞った募集をしています。たぶん、このくらい厳しくしないと、書道技術が低い人、筆耕の知識を甘く見ている人がたくさん来てしまうのかもしれません。

 

厳しい条件を突破する為に

 

例えば、書道歴20年と言う条件は気にしなくていいと思います。書道の技術は年数では計れないので、自分に技術があれば問題ありません。応募する時にその旨を伝えて、自分の書いた実用書を見せれば問題ないでしょう。※芸術書道ではなく細字の楷書がベター

 

筆耕経験についても気にする必要は無いと思います。こちらも知識と技術があれば突破できるはずです。筆耕経験5年の人と同じクオリティの賞状や宛名書きが書ければ良いのです。

 

ただし、自分の技術は客観的に厳しく見るようにしてください。結局のところ、厳しい条件を突破する為には技術なのです。筆耕会社は技術を測る第一の物差しとして経験を言っているだけなのです。だから、とにかく自分の技術を高めましょう。

 

自分ならどうする

 

仮に僕が業務を拡大して『筆耕者募集』するなら、どのような条件を出すでしょうか?たぶん、他の筆耕会社さんよりも厳しい条件を出すと思います。※予定はありませんが

 

まず『賞状技法士』『賞状書士』『賞状書法』いずれかの最高位を持っている。あとは面接。・・・こんな感じです。

 

筆耕者募集でもイロイロ

 

ここまで『筆耕者募集』は条件が厳しい事を書いてきましたが、実は優しい条件の筆耕会社に所属している人もいます。これは知り合い事ですが、筆耕会社で宛名書きで修行中なのだそうです。

 

上達すると賞状などの難しい業務を任されるそうで、筆耕士の養成機関の意味合いも含んでいるんですね。捜すと、こんな良い感じの筆耕会社さんもあると言う事です。

 

とにかく、まずはリサーチです。インターネットを上手に活用して、たくさんの筆耕会社や印刷会社を見てみましょう。※ただし筆耕の基礎技術と知識があることが大前提です♪

※たのまな賞状技法士講座は3つのコース(準3級・3級・2級)がありますが、通常は3級コースを選びます。準3級は書道未経験者。2級は3級修了者向けです。
受講する講座は書風を比較して選びます。やっぱり好きな書風が自分のベストの講座です。
トップへ戻る