新年1月と新学期4月!筆耕を通信講座(通信講座)で学ぶタイミング

筆耕のお仕事は技術と知識が必要です。その知識と技術は専用の教室や講座で学ぶのが習得の近道でしょう。では、筆耕に必要な通信講座(通信講座)を学ぶタイミングについて考えてみます。

 

筆耕の知識と技術は

 

筆耕の知識と技術と書きましたが、ここでは実用書道を指していきます。本来、筆耕の仕事の幅はとても広く、筆で文字を書いて収入に繋がれば全て筆耕ともいえるのです。

 

でも、それだと余りに漠然としてしまうので、当サイトでは、賞状や宛名や式辞など、細字を中心にした仕事を筆耕としています。

 

やっぱり賞状の技術

 

新年1月と新学期4月!筆耕を通信講座(通信講座)で学ぶタイミング 新年1月と新学期4月!筆耕を通信講座(通信講座)で学ぶタイミング 新年1月と新学期4月!筆耕を通信講座(通信講座)で学ぶタイミング

筆耕の仕事なので、宛名専門でも式辞専門でも熨斗書き専門でも良いのですが、やはり筆耕の仕事の中では賞状が一番の花形だと思います。筆耕の仕事なら、賞状は書けた方が良いと思います。

 

賞状は字が上手であれば書けると言うものではありません。賞状を美しく見せる為のレイアウト方法がありますし、美しく見せるための書き方もあります。これらを教えてくれる教室や講座を受講するのが賞状筆耕への最短ルートになります。

 

1月と4月が最多

 

実際に、どのタイミングで学び始めたらいいのでしょうか?賞状の通信講座で最も申し込み数が多いのが1月です。しかもダントツ!この理由は想像しやすいですよね。新年で気分一新!新しい事を学び始めるには最適なタイミングです。

 

次に多いのが4月です。これも分かりやすいですよね。新学期の4月から始めるにもいいタイミングでしょう。良い季節なので、モチベーションも高く頑張れます。

 

スタートのベストは?

 

1月や4月から学び始める事は、とてもいいタイミングだと思います。更に、自分の誕生月から始める人もいます。これも良いですよね。何歳から学び始めた!と分かりやすくなります。

 

思い立ったが吉日!と言う言葉通り、やろうと思ったその時から始めるのも良いですよね。時間は限られています。1分1秒を無駄にしない為にも、すぐに行動を映す事は、成功者の絶対条件でもあります。

 

結局のところ

 

1月、4月、誕生月、思い立った月・・・。結局、どのタイミングでもOKと言う事ですし、自分にとってベストだと思ったら、それが最高のタイミングなのです。

 

ただ、1月と4月は通信講座自体も申し込みが多く、受け入れの態勢を万全にしているので、何気にメリットも多かったりします。まずは資料請求して、色々とチェックしてみてください。

 

※たのまな賞状技法士講座は3つのコース(準3級・3級・2級)がありますが、通常は3級コースを選びます。準3級は書道未経験者。2級は3級修了者向けです。
受講する講座は書風を比較して選びます。やっぱり好きな書風が自分のベストの講座です。
トップへ戻る