筆耕を自営で運営する方法

筆耕のお仕事を自営で運営する方法をご紹介します。僕自身がその立場ですが、筆耕の仕事は自営でもシッカリ成り立ちますし、雇われるよりもメリットは大きいと思います。

 

しかし、筆耕を自営で運営すると言う事は、自分で事務作業を行う必要があります。実務と事務作業を行うので、上手に立ち回る必要があるのです。

 

僕自身、筆耕の自営を始めたばかりの頃は、色々な面で模索していました。改善改善の繰り返しで、初めて半年後くらいで、今のシステムに固まっていきました。そんな経験を踏まえ、構築したシステムをご紹介していきます。

筆耕を自営で運営する方法記事一覧

書道の力を生かして、筆耕の仕事を考えている場合、方法は被雇用と自営の2種類があります。一般的に、『収入とは給料をもらう事』という考え方が浸透しているので、なかなか発想が湧かない人も多いかもしれませんが、筆耕の仕事に関しては自営をおすすめします。筆耕の仕事と需要書道の技術を生かして、収入を得ている人は多くありません。そんな多くない収入を得ている人は、書道の先生が殆どです。賞状や宛名、記章やペナント、...

賞状書士や賞状技法士の講座を経て、筆耕の仕事を始める場合、まず考えるのが収入に関してではないでしょうか?趣味の延長なら良いのですが、特に専業でやりたい場合、収入額はとても重要な要素です。気持ちだけでは・・・幾ら技術が高くても、幾ら志がくても、収入が低いととても厳しいです。更に生活ができないほど低いとなると、やはり自営での運営はおすすめしません。専業で、しかも自営で筆耕士をやるのであれば、シッカリ...

筆耕のお仕事を自営で運営する場合、まずは第一にホームページを作成する事をお勧めします。当サイトはホームページです。という事は今、当サイトを見ている方はインターネットに接続しているという事です。ホームページはインターネット上の店舗の役割を果たし、宣伝効果は抜群です。もし、インターネットの知識に自信が無くて、インターネット上の集客を考えていない場合も、ホームページは持っていた方が良いと思います。例え、...

筆耕を自営で運営する場合、最も重要な事が集客と仕事を獲得する事です。筆耕業者で仕事をするよりも、自営で運営する方が報酬面で大きなメリットがあります。しかし、仕事が無ければ意味がありません。そして、当然仕事は自ら獲得します。それでは、集客方法と仕事を得る方法を考察していきます。インターネットをフル活用する場合インターネットをフル活用する運営は、僕自身が行っている方法です。僕の場合、集客はすべてホーム...

筆耕のご依頼を頂き、作品が完成したら、お客様に発送します。発送は、宅配便や郵送が考えられます。代表的な宅配便は『ヤマト運輸』『佐川急便』『ゆうパック』。郵送は『普通郵便』『レターパック』他があります。宅配会社の選定納品時の配送は、1社に決めておくといいと思います。僕の場合は、ヤマト運輸と未収契約しています。つまり月末締め、翌月払いの契約で、詳しい内容は言えませんが、料金やサイズを少々融通していただ...

筆耕を自分で運営する上で、最も悩むところが【料金設定】ではないでしょうか?僕が筆耕の仕事を始める時に、最も時間を掛けて調査し悩んだのが【料金設定】でした。技術に対する対価筆耕と言うお仕事での料金は、技術に対しての対価となります。物品ではないので、料金は自分で設定する事ができるのです。高く設定する事も、低く設定する事も出来ます。高く設定すれば、利益は発生しますが依頼は減るでしょう。逆に低く設定すれば...

ビジネス書などでも良く言われている事ですが、お客様は神様ではありません。そして客は選びましょう。依頼してきたお客様のご要望をできるだけ聞くのは正しい事ですが、何でもかんでも聞く必要はありません。というか、きいてはいけません。傲慢ではなくこれは決して傲慢に運営しましょうと言う事では無く、自分の身の丈に合った仕事をして、自分の技能を必要としているお客様に商売しましょうと言う事です。お客様が「あれ書いて...

筆耕業者さんのHPやSNSは定期的にチェックするようにしています。そこで気になったのが料金設定です。自分が筆耕の仕事を始める時に最も悩んだのも料金設定ですが、最近は個人運営の方が増えているのか、料金設定も様々です。筆耕コムの料金設定分かりやすい料金として、賞状全文を例にとります。筆耕コムは賞状全文100文字まで4,200円です。100文字以上の場合は5文字毎に170円加算しています。123文字の賞...

筆耕屋とか代筆屋という職業は昔からあります。特に戦後の荒廃した東京では、生活のために少しでも現金を稼ぐために代筆屋がたくさんあったそうです。筆耕屋は少ないスペースで、少ない道具で、自分の技術があれば商いができますからねそのことが直接関係しているかはわかりませんが、東京に筆耕屋さんが集中しているのは間違いありません。いまでもたくさんの筆耕業者さんがあります。これらの筆耕業者さんは東京都内から集客して...

筆耕の仕事を自営で運営する上での心得をご紹介します。実務も事務も自分ですべてを管理しますのでメンタルに少しコツが必要です。自営は自由を謳歌自営は楽しいです。好きな時間に起きて、好きな時間に仕事して、好きな時間に食事して、好きな時間に寝ます。好きなことを仕事にして、好きなように生きていますので、本当に人生充実しています。ただ、自営をするためにはサラリーマンとは違ったメンタルが必要になります。自己管理...

トップへ戻る