賞状筆耕の仕事と書道歴

「あなたの『書道歴』は何年ですか?どんな経歴ですか?」賞状筆耕の仕事をする場合、毛筆で正しい文字を書く事が必須条件となります。その為には、書道経験が深い方が当然有利です。しかし、絶対条件ではありません。

 

 

賞状を書くということは・・・。

 

「賞状を書く仕事がしたい」と筆耕士を目指している場合、必要なスキルは『毛筆細字の技術』と『賞状レイアウト技術』です。『賞状レイアウト技術』は、知識なので、勉強すれば身に付きます。

 

『毛筆細字の技術』は、技術なので訓練が必要です。もちろん、成長速度は人それぞれですが、料金を頂ける賞状を書く技術は、それなりの時間を擁します。流石に1日2日じゃ無理って事ですね。

 

 

思い込み

 

先日、筆耕の仕事に興味を持っている方から、こんな質問を頂きました。

 

「プロの筆耕士という事は、書道科の大学出身とかですか?」

 

このように思っている人って本当に多くて、『書道科の大学出身』、『高校書道部出身』など、書道にどっぷりつかってきた人じゃないと筆耕士になれないと思い込んでいるようです。

 

 

実際の書道歴

 

僕の実際の書道歴です。

 

  • 小学校時代・・・近所の習字教室(週1回)
  • 高校1〜2年・・・芸術選択科目の書道(週1回)
  • 36歳くらい・・・賞状技法士
  • 39歳くらい・・・実用書道(行書)←賞状技法士から継続

 

僕の書道歴はこんなものしかありません。

 

実際は、今現在の『毛筆細字』の技術が重要であって、書道歴は関係無いと思います。逆に、芸術書道の道を極めてきたとしても、今現在『毛筆細字』が書けなければ、筆耕の仕事はできません。

 

 

悩める書道の先生がいる

 

これは、友人の筆耕士さんから聞いた話ですが、某実用書道教室にとある生徒Aさんが入りました。※某実用書道教室は、宛名書き、芳名帳、熨斗袋、式辞、手紙など、一般生活で使う書道を教えてくれる教室です。

 

この生徒Aさんは、自身で書道教室を運営していて生徒は60名以上もいるそうです。Aさんは行書や草書などで素晴らしい作品を書き、某書道展で入賞する腕前だそうです。

 

このAさんの書道教室で生徒の『名札』を書こうとしたら、細字の楷書が全く書く事が出来ずに、焦って某実用書道教室に入ったという事です。さらに、その後の『楷書』の成長速度は、他の生徒さんより遅かったと言う事です。

 

 

別世界なのかな?

 

この話を聞いた時は驚きました。書道の達人と言われる人でも『楷書』は書けないの?書道の達人であれば、何でも書けると思いますよね。でも、『書道作品』と『細字の楷書』って別物なんですね。

 

これは、僕自身が筆耕の仕事をしていても感じることがあります。僕は賞状をたくさん書きます。「今日よりは明日」の気持ちで、もっと良い賞状を目指しています。今の賞状は、自分では「まだまだ・・・」と思っています。

 

ところが、ある日、芸術書道の達人の方に賞状を見てもらう事があって、感想を頂きました。「素晴らしい賞状ですね。素晴らしい字を書きますね。自分には書けません。」

 

この言葉を頂いた時も驚きました。自分ではまだまだと思っていたのに、自分よりも遥かにレベルの高い方に「書けない」と言われたのです。

 

また、書道団体から賞状を依頼された事も何度かあります。
・・・書ける人がいっぱいいそうなのにね。

 

 

ここで分かった事は、
ズバリ!筆耕の仕事と書道歴は関係なし

※たのまな賞状技法士講座は3つのコース(準3級・3級・2級)がありますが、通常は3級コースを選びます。準3級は書道未経験者。2級は3級修了者向けです。
受講する講座は書風を比較して選びます。やっぱり好きな書風が自分のベストの講座です。
トップへ戻る