筆耕の仕事をしている人をたくさん見つける方法

 

数か月前にインスタグラムを始めて1日1投稿しています。書道関連、筆耕関連の方たちをフォローするようにしていますが、学ぶことがたくさんあります。

 

筆耕の仕事をしている人をたくさん見つける方法

 

インスタやっている筆耕士

 

インスタグラムで驚いたいのが、筆耕の仕事をやっている人の投稿が想像より多かった事です。インスタグラムは若い人が中心のSNSというイメージがあったので、筆耕の仕事をやっている人の投稿なんて、ほんのわずかだと思っていました。しかし、実際はたくさんでした!

 

イロイロな形態

 

筆耕の仕事をやっている人でも、形態はそれぞれです。僕みたいにフリーランスもいれば、書道の先生がメインの方、筆耕会社にお勤めの方、結婚式場の筆耕室の方など、イロイロです。

 

経験値もイロイロで、10年筆耕会社で勤務経験がある人、筆耕会社から自営に転身して3年目の人、賞状の通信講座を受けつつ筆耕の仕事もしている人など、本当に色とりどりです。

 

集客方法

 

筆耕の仕事をする上で、最も重要とも言えるのが集客方法なのですが、これもそれぞれで非常に勉強になっています。インスタグラムで直接集客している人、ツイッターとフェイスブックも活用している人、ミンネを使っている人などです。

 

ミンネを使う方法は衝撃でした。ミンネはフリーマーケットアプリです。つまり自分の商品をフリマ感覚で販売する事ができます。ミンネの良い所は、決済が楽なところです。確実ですし。これは思いつきませんでした。

 

情報入手は大切だね!

 

他の同業さんがどのような技術を持って、どのような集客方法で、どのようなアプローチで運営しているのかを見ることができるので、インスタグラムは本当にやってて良かったと思います。

 

僕の投稿は、筆耕関連と書道関連がメインですが、少々おちゃらけているので、参考になるかは分かりません。・・・あしからず。

※たのまな賞状技法士講座は3つのコース(準3級・3級・2級)がありますが、通常は3級コースを選びます。準3級は書道未経験者。2級は3級修了者向けです。
受講する講座は書風を比較して選びます。やっぱり好きな書風が自分のベストの講座です。
トップへ戻る