通信教育で大丈夫?賞状技法士や賞状書士の養成講座

 

賞状技法士や賞状書士などの通信教育で、賞状筆耕の資格を取得する事はできるのでしょうか?通信教育で知識は身に付くのか?技術は身に付くのか?

 

 

対面が最も効果的

 

習い事は何でも対面が一番効果的です。指導者の指導力にもよりますが、対面で学ぶことで自分の欠点をいち早く知ることができ、その都度修正して向上する事ができます。

 

通信教育は添削を受けることができるので、通常の書籍で学ぶよりもずっと効果的ですが、やはり対面の方が効果的です。これは賞状の書き方を学ぶ際も同じです。

 

通学が可能ならおすすめだけど

 

賞状技法士や賞状書士も、可能であれば対面で学ぶことをお勧めします。たしか、賞状技法士と賞状書士共に通学の教室があったと思います。(※不確実でごめんなさい)資料請求して確認してみてください。

 

通学の教室があったとしても、通う事が難しいのであれば、通信教育で頑張りましょう。本人のやる気次第で上達スピードは幾らでも速くなります。

 

 

短期間だけでも集中してみると

 

通信教育を受ける際は、たったの2カ月間で良いので、とにかく毎日書いて、集中して勉強してみてください。2カ月後には全く別人に生まれ変わることができます。

 

これは、僕が実際に心掛けている事なのですが、2カ月間集中して勉強すると、相当の知識と技術を身に付けることができます。実際に2か月間毎日かなを書いていたら、2か月後にはかなの創作が書けるようにまでなりました。

 

通信教育なら、自分のペースでゆっくり勉強する事も可能なので、それも魅力です。しかし、日々の張り合いになるので、ちょっと心のアクセルを踏んでみても楽しいと思いますヨ♪

トップへ戻る