筆耕とマインド記事一覧

経験上、筆耕の仕事は社会貢献していると自負できます。人ができない事を提供するので、ご依頼品を納品するととても感謝されます。お金を頂いている身なのに感謝されるなんて、こんなに良い事はありません。印刷?歓迎!昨今、宛名も賞状も印刷が増えました。家庭用プリンターの性能も上がったので、式辞もプリンターで印刷できるようになっています。こうして考えると、筆耕士の活躍の場は減ってきているように思います。しかし、...

賞状や宛名書きのレイアウトの知識が身に付いている場合、筆耕の仕事を始めるタイミングについて考えてみます。必要な2つの要素筆耕の仕事には、大きく2つの技術要素が必要となります。それは毛筆の技術と、レイアウトの技術です。毛筆の技術は書道経験が長い人などはすぐに対応できるでしょう。一方のレイアウトの技術は、独学するにも書籍等が皆無なので、それぞれの講座で学んでください。筆耕の仕事をいつ始めるか?の答えは...

筆耕の仕事はとても幅が広いですが、やはり需要が最も大きいのが宛名書きです。そして、宛名書きのスキルは他の筆耕業務よりも難しくありません。細字を書く事は変わりありませんが、レイアウトのパターンが決まっているから難易度は高くないのです。恩師に言われたひとこと今、僕は自営業者として忙しく筆耕の仕事をさせて頂いています。しかし、筆耕の仕事を始める時は、やはり勇気がいりました。そして、勇気を必要とするタイミ...

今から20年近く前になりますが、友人がアルバイトで『賞状書き』をやっていると聞きました。当時の僕は、『筆耕』という単語も知らないし、『賞状書き』がどれだけ大変かも知らないし、漠然とした気持ちで「ふ〜ん」と答えていました。国語の先生当時友人は、国立の某教育大学の学生でした。国語の先生を目指して勉強してたのですが、書道は幼少期からやっていたという事です。ちなみに当時僕は、千葉県の僕立の某工業大学の学生...

あなたの書道歴は何年ですかどんな経歴ですか?賞状筆耕の仕事をする場合、毛筆で正しい文字を書く事が必須条件となります。その為には、書道経験が深い方が当然有利です。しかし、絶対条件ではありません。賞状を書くということは・・・。「賞状を書く仕事がしたい」と筆耕士を目指している場合、必要なスキルは『賞状レイアウト技術』と『毛筆細字の技術』です。『賞状レイアウト技術』は知識なので、勉強すれば身に付きます。『...

筆耕という単語自体、あまり一般的ではありません。そのために筆耕の仕事をしている人はごく少数だと思っている人がいます。しかし、実際に筆耕の仕事をする筆耕士は無数に存在するのです。それはインスタなどのSNSをチェックすれば一目瞭然です。インスタやっている筆耕士自分自身がインスタグラムをはじめて驚いたいのが、筆耕の仕事をやっている人の投稿が想像より多かった事です。インスタグラムは若い人が中心のSNSとい...

筆耕の仕事は技術職です。普通に働いて、働いた時間だけお給料が発生するわけではありません。常に技術を磨いて上を目指します。そして技術と共に収入も上げていきます。筆耕はアスリートスポーツ選手は本番よりも練習の方が圧倒的に時間を費やします。例えば、フィギュアスケートは、大会の1分30秒や3分間のためにとてつもない時間を練習に費やします。テニス選手でも卓球の選手でも同じです。サッカーや野球でも同じことが言...

筆耕の作品の仕上がりに対してのクレームは少なからずあります。当然、誤字脱字はダメですが、文字のクオリティに対してのクレームもあるのです。これはどんなに技術が高くてもあります。例えば・・・この文字を見てどう思いますか?僕は普通の『彰』の文字だと思います。ところが、この文字ではダメと言うクレームを頂いた事があります。実際は『彩』か『杉』かどちらかだったのですが、それは【さんづくり】についてです。【さん...

質問:筆耕士についていろいろと調べている中で疑問に思うことがあります。それは呼び名の事です。筆耕士は『ひっこうし』とそのまま読めばいいのでしょうか?また、筆耕士という言い方をしているのがほとんどですが、中には筆耕師という言い方をしているホームページもあります。『士』と『師』に違いはあるのでしょうか?また、筆耕者という言い方をしている筆耕会社も結構あります。筆耕士と筆耕者は同じと考えていいのでしょう...

筆耕士に必要な技術はズバリ細楷です。細楷とは細字の楷書の事です。細楷の技術向上のためには練習が必要ですが、毎日地道な練習をするのって辛くないですか?実際に継続できる人って少ないと思います。ここでは、細楷の筆力を向上させる簡単な方法をご紹介します。筆耕に必要な細楷筆耕の業務は多岐にわたります。賞状や宛名書き等の細字だけではなく、選挙の為書きや垂れ幕などの大字もあります。書道経験者であれば、大字への対...

トップへ戻る