賞状を書く仕事を得る2つの要素

賞状を書く仕事を得るためには2つの要素が必要になります。それが『賞状レイアウト』と『細字の筆力』です。では、これら『賞状レイアウト』と『細字の筆力』がどの程度必要かご紹介します。

 

 

賞状レイアウト

 

賞状は、毛筆の技術が高ければ書けるという訳ではありません。例えば、唯一の書道の公的資格『毛筆書写検定 最高位1級』を持っていても賞状は書けません。毛筆書写検定1級は賞状の出題がありますが、これはごく初歩の賞状です。レベル的には賞状書士や賞状技法士の最初の課題程度になります。

 

賞状は、縦書き横書き、様々なサイズ、様々な文字数、賞名の有無、受賞者や贈呈者の肩書の有無・・・等、バリエーションは無限に存在します。賞状の仕事をするならば、これら無限のバリエーションに対応する必要があります。

 

「無限のバリエーション」と聞くと、すごく大変そうに聞こえますが、大丈夫です。賞状のレイアウトは法則が決まっているので、法則に従っていれば、どんな賞状もレイアウトできます。その気になれば、すぐに習得できてしまいます。

 

細字の筆力

 

レイアウトともう一つ大切なのが『細字の筆力』です。で、この『細字の筆力』ですが、これは判断が難しいところです。例えば、インターネット上には無数の筆耕業者さんのホームページがあります。

 

これらのホームページには、ほとんどサンプルが掲載されています。このサンプルをイロイロと見て頂ければ、筆力のレベルがわかると思います。正直、プロでも様々なレベルがありますよね。

 

賞状を書く仕事を始める基準としては、これら筆耕業者さんの平均レベルはあった方が良いと思います。できるなら、「値段より"質"で選んでね」とお客様に堂々と言えるレベルにあれば、賞状筆耕の仕事はバッチリできます。

 

筆力の1つの基準

 

細字の筆力を計る一つの基準をご紹介します。まず、賞状は楷書が書けなくてはいけません。『細字の筆力』というように、楷書は細字で書けなくてはいけません。

 

この細字ですが、小さなサイズは5mm×5mm程度は書けるようにしておきたいです。例えば、半紙に4文字書く楷書、賞状1行に15文字書く楷書、5mm×5mmの楷書、これらを同じクオリティで書けらたベストです。

 

 

調査って大切です

 

賞状筆耕の仕事を自営で運営する場合も、どこかの筆耕業者に所属する場合も、色々な筆耕業者をチェックする調査力は必要です。色々な筆耕業者のホームページをチェックする事で様々な情報が得られます。

 

このページで紹介したレベルの事、料金体系、筆耕業務の種類、などなど・・・。また、筆耕業界を知るということでも大きな意味があります。お試しください♪

トップへ戻る