書道の技術があるので収入につなげたい。そう考えている人は少なく無いでしょう。書道で収入を得るなら、書道の先生や筆耕の仕事が思い浮かびます。ではこれら書道の仕事はフリーランスで行うことは可能なのでしょうか?

 

書道の仕事をフリーランスで行うことは可能か?

 

フリーランスとは

 

フリーランスとは、会社や企業などの組織に所属せず、自分の技術を活かして独立することです。分かり易く言えば個人事業主ですね。

 

個人企業法人のように、おひとり様起業も流行っていますが、こちらもフリーランスです。

 

このようなフリーランスですが、書道の仕事も行っていくことはできるのでしょうか?

 

書道のお仕事

 

書道のお仕事と言えば『書道の先生』や『筆耕のお仕事』、そして『書道家』が思い浮かびます。

 

書道関連のお仕事は実に幅が広いです。賞状やあて名などの筆耕業務だけでも無数にあります。

 

お酒などの商品のラベルを書くお仕事、店舗のロゴを書くお仕事、メディアの題字を書くお仕事などもあります。

 

それぞれの境界線はあいまいで、どこまでが筆耕士のお仕事で、どこからが書道家のお仕事かははっきりしていません。

 

書道家が教室の先生をやって賞状筆耕の依頼も承っている事は珍しくありません。

 

どうやって仕事を得るか?

 

これらのお仕事は組織に所属して行うこともあれば個人で行うこともあります。

 

組織と個人、この差は人から仕事を与えられるか?自分で仕事を得るか?の違いです。

 

つまり集客の事で、自分で集客ができればフリーランスでも十分やっていかれるということです。

 

書道の仕事をフリーランスで行うことは可能か?

 

フリーランスで行うには

 

書道の仕事をフリーランスで行うためには技術も重要ですが、それ以上に自分で運営できるスキルが重要になります。

 

スキルはどうやって習得するかというと、書籍やネットの情報、セミナーに参加したりすることでしょう。あとは経験です。

 

どんなに勉強しても経験に勝るものはありません。

 

書道の仕事をフリーランスで行うことは可能か?

 

とにかく自分のできる範囲から始めてみることが大切です。

 

経験を積んでいき余裕が出てきたら徐々に業務を広げ、集客を増やしていけば良いでしょう。

 

始める前から「僕には無理!」と決めつける人がいますが、自分の可能性を自分でつぶしてはもったいないです。

 

書道の仕事は経費をかけずに低リスクで始めることができるので、失敗しても小さな傷で済みます。

 

まずは、勇気を出して一歩踏み出してみてください。

 

意外にうまくいったりするものです。

筆耕のお仕事より賞状技法士の技術見本 書状のお仕事より賞状のレイアウトについての画像

>>>賞状技法士・賞状書士・ユーキャン賞状書法の比較一覧ページへ<<<

※大手講座と言っても書風が全く異なります。無料資料請求して比べてみましょう。

トップへ戻る