卒業証書の名入れのお仕事

筆耕士は1月の中旬から3月の上旬まで繁忙期を迎えます。それは卒業証書の名入れのお仕事の為です。卒業証書は小・中・高・大の学校、幼稚園・保育園、専門学校等、様々な教育機関から依頼が来ます。これらの教育機関ですが、公立・私立は関係なく依頼が来ます。

 

筆耕コムに来る問い合わせは年々増え、ほとんどの学校は一度ご依頼いただくと、次の年もご依頼してくれます。実感として、筆耕してくれる人や業者を探しているように感じます。

 

卒業証書の依頼が多い学校

 

卒業証書は小・中・高・大の学校と書きましたが、実は高等学校からのご依頼はあまりありません。これは、通常の高等学校では書道専属の先生がいるからだと思います。書ける人がいれば、外部に頼む必要も無いでしょう。

 

逆に、多いご依頼が小学校、専門学校、幼稚園・保育園です。原因は、書ける人がいないからでしょう。納品するととても喜んでいただけるので、やりがいを感じます。

 

卒業証書の依頼が多い学校

 

卒業証書の失敗談

 

筆耕の仕事を開業して、初めて卒業証書の仕事をした時の話です。東京都の某小学校からのご依頼だったのですが、大きな失敗をしました。何と、20枚弱の書き直しをする羽目になったのです。※予備の用紙がたくさんあって助かりました((+_+))

 

何故なら、それは小学校ならではの『小学校活字』の認識不足でした。

 

通常の筆耕では楷書体で書くものの、書写体も普通の文字と認識して書いています。例えば『美』の最終画をはらわずに止めたり、『糸へん』の小の部分をてんにしたり、『木へん』『禾へん』の縦画をはねたり。

 

これらって、書道の世界では普通な書き方です。でも、小学校で教える場合は【×】になる事もあるのです。書道にどっぷりつかっている方は特に注意してください。

 

卒業証書の失敗談

 

小学校の漢字教育には様々な意見があると思います。しかし、ご依頼主の希望通りに書く事の方が大切です。特に小学校の卒業証書は『小学校活字の教科書体』に準じて書きましょうね。

 

参照⇒ 小学生用の漢字辞典

 

卒業証書の名入れの技術

 

卒業証書の名入れなど賞状の部分筆耕は、ただ書けば良いというものではありません。名前・生年月日を入れる場所・書き出しの高さ・書き終りの高さには、決まりがあるので、プロであればシッカリとレイアウトを計算しましょう。

 

また、印刷されている部分がセオリーから外れている場合もあります。しかし、それでも対応できる柔軟性と応用力も身に付けておきましょう。

 

卒業証書の名入れの技術

 

とは言っても難しい事ではありません。少しのルールとコツを知る事で、対応できると思います。卒業証書などの部分筆耕も各賞状講座で学べるので大丈夫です。

 

追記

 

平成27年度の卒業証書の作業をしていて実感した事です。2016年2月は20校を超えるたくさんの学校からご依頼を頂き、他の業務を休止して対応しました。それでもパンク寸前でした。(本日3/4パンク寸前継続中…)

 

今年、新たにご依頼いただいた学校の中には「毎年頼んでいた業者さんが高齢の為に廃業した…」この状況の学校が3校もありました。今の日本は書ける人が少なくなっています。と言うか、書けるけど仕事に繋げていない人が多いのだと思います。

 

このままだと、来年お断りする学校が多々出るのは確実です。学校はとても困ると思うので、一人でも多くの筆耕士さんがデビューする事を祈ります。卒業証書の名前入れであれば、賞状全文よりも参入しやすいと思いますので!

※たのまな賞状技法士講座は3つのコース(準3級・3級・2級)がありますが、通常は3級コースを選びます。準3級は書道未経験者。2級は3級修了者向けです。
受講する講座は書風を比較して選びます。やっぱり好きな書風が自分のベストの講座です。
トップへ戻る